献血、ケータイ、アニメ、その他雑感。
アニメ映画:Bleach-Memories of Nobody
2007年12月29日 (土) | 編集 |
なかなかおもしろかった。詳しい設定などは覚えていないが、それぞれのキャラに見せ場も作られていたし、見応えはあったか。

ヒロインがよかったかな。サブタイトルの意味も分かった。
ネタバレアニメランキング 2007
2007年12月27日 (木) | 編集 |
ぐたぐたに、適当に。
[続きを読む...]
読了:零崎軋識の人間ノック
2007年12月23日 (日) | 編集 |
20071223113046.








「嫌なことは嫌々やれ。好きなことは好きにやれ」

一応、軋識が主役の割に、その他のメンバーが豪華すぎる。双識は前作よりこっちの方が活躍していたなぁ。子萩とのやり取りには笑わせてもらった。

あとまさかのあの人が登場。暴君と呼ばれているが、あの人だなぁ。軋識も関係があったとは。

最後もいい感じで終わっていたので満足。

しかし、年末年始に読もうと思っていたのに、もう読み終わってしまった。銀英伝やFate/Zeroがあるからいいか。
2.5GHz帯、KDDI陣営とウィルコム
2007年12月21日 (金) | 編集 |
に決定。

ひとまずめでたいことです。
読了:「零崎双識の人間試験」
2007年12月19日 (水) | 編集 |
20071219142228

「私の妹にならないかい?」


零崎シリーズの1巻目。なかなか感想が書きづらいなぁ。双識と伊織のやり取りは面白かったし、戯言が出てくるとは思わなかった。

ただ、最後の謎解きみたいなものがはっきりしなかったし、ちょっともやもやしたのが残ったかな。

付属のCDには壁紙やスクリーンセーバー、アイコンがあり。一応見てみたが、壁紙は本編のを流用でその他も数が少なくイマイチだった。
今日のそこまで言って委員会
2007年12月16日 (日) | 編集 |
橋本弁護士の席に勝谷さんが。

あと、ほんとーに久しぶりに西村慎吾?議員(元議員かな)が出演。
ウィルコムのカレンダー到着
2007年12月16日 (日) | 編集 |
20071216213942
北海道のウィルコムカウンターの店長、とほほ店長さんのブログでカレンダーのプレゼントをしていたので応募したら当たった!今日郵便受けを見たら入ってた。

さっそく置いてみた。ちょっと大きいかな。2ヶ月先まで分かる仕様。

頑張れウィルコム。
味わいミルク珈琲
2007年12月16日 (日) | 編集 |
20071216174255
サンクスで購入。150円ぐらいしたけど、見た目が気に入った。

京都産の生乳50%使ってるだけあって口当たりは良かったけど、ちょっと甘ったるかったかな。
読了:きみとぼくの壊れた世界
2007年12月15日 (土) | 編集 |
20071215223702

嘘ばかりついてきたから、誰も信用できない。
そう、『嘘つき』が抱える真の悩みはそこなのさ。
誰にも信用してもらえないなんて、そんなのは問題じゃない――誰も、信用できなくなってしまう。

(中略)

きみは、嘘を、つき過ぎた



今週の日曜日に借りて約1週間で読んだ。ミステリーとしてはオーソドックスなのかな。解答編を見れば、ああなるほどといった感じ。それよりもパズラーやスリラーなんなのうんちくの方がおもしろかった。
ハンター×ハンターまた休載
2007年12月11日 (火) | 編集 |
予定通り10週でまた休載期に入ってしまった。

まぁ、それなりにきりのいいところであるのが救いか。しかし休載に入る事がヤフーのトピックスにもなったり、その影響力衰えずと言ったところか。
読了:ネコソギラジカル(下)
2007年12月09日 (日) | 編集 |
20071209135830


青色サヴァンと戯言遣い

「――ハッピーエンド以外は認めねえっつーの」



今日、さっき読み終わったところ。サブタイの割には玖渚との問題は始めの方で終わってしまったのが、ちょっと。どちらかと言えば(中)のサブタイが似合う。

時宮もなんかなぁ。結局自力か。でもこういうのが、このシリーズの売りか。

○シリーズを通して読んできて良かったと思えるシリーズだった。

作者と同い年と言うことで、いろいろ思うところもあり。

そういえば、結局全巻図書館で借りたけど、全巻買おうかな。
読了:ネコソギラジカル(中)
2007年12月09日 (日) | 編集 |
20071209133147


「さようなら」


昨日読み終わり。

いろいろ二転三転して、死んだものもたくさん。ただ萌太のが、一番印象的だった。

それ以外にも出夢の死、玖渚へのプロポーズ、古槍頭巾の唐突な死、零崎の登場。そしてラストに明かされる事実。

崩子ももっと活躍するかと思ったけど、そんな事なかったのが残念。そういえば奇野頼知もあっけない最期だった。

あと、前巻の感想に書き忘れていたが、登場人物紹介が凄い事になってるなぁ。
読了:ネコソギラジカル(上)
2007年12月09日 (日) | 編集 |
20071209131239


「お客さん――どちらまで?」

「あなたと共に、行けるところまで」




一昨日に読み終わり。

哀川さん登場の場面や最後の真心登場と非常に盛り上がった。やめられないとまらないで次巻へ。

そういえば表紙は哀川潤でいいのかな。
読了:ヒトクイマジカル
2007年12月05日 (水) | 編集 |
20071205200032


過去を積み重ねて、現在に至る。
現在を積み重ねて、未来へ届く。


P.88



過去の積み重ねで未来に届かなかった人。京極夏彦の「塗仏の宴―宴の支度―」のラストと似たような喪失感有り。途中までは理不尽に感じていたが、話が進むうちに、まぁなんとか…。
みいこさんは凄かった。

次巻から最終章、ネコソギラジカル。登場人物が2列になっていて笑った。
400ml全血してきた
2007年12月02日 (日) | 編集 |
20071202223019
2007/12/02 17:10 ~ 2007/12/02 18:14 献血

年内最後の献血。どこ行くか迷ったけど、近場のミント神戸にする事に。全血なら予約する必要もないと思い夕方行く事にする。

COWBOY BEBOPのDVD見たり、ヒトクイマジカル読んだり、そこまで言って委員会見たり、ADSLのプロバイダーを変えるために申し込みしたり、いろいろしてたら午後3時頃になってたので、そろそろ出発することに。

行き際に兵庫図書館よって本帰して、吉野家で腹ごしらえ。三宮についたら、まずブックオフでげんしけんを立ち読み。

いい時間になったので移動。途中、駅前に献血バスも止まってたけど、ルームに行く。

ルームに入ると1人待ち状態。混んでるなぁ。

受付:成分勧められるが、400ml全血にする。タッチパネルで答えるのが、1枚目だけで2枚目無しだった。全血は久しぶりだから忘れてるなぁ。

問診:血圧115/65。今日は成分じゃないんですか?みたいなこと言われる。

検査:血液の比重のみ調べられる。「今日は成分じゃないんですね。時間がなかったんですか」とか聞かれる。

採血:テレビはつけず。靴を履いたまま椅子?へ。10分もかからず。本持ってったのに読む暇なし。

終了:クッキーもらう。そういえばポイントカード出すの忘れてた。というか、ポイントカード渡されなかった。ジュースは飲みまくり。紅茶花伝、リアルゴールド+カルピス、昆布茶、Hi-C+カルピス、コーンスープ、ホットカルピス辺り。

久しぶりの400ml全血。採血自体は短くて楽なのだが、終わった後が結構きつい。体全体がだるいというか。はわー。