献血、ケータイ、アニメ、その他雑感。
マクロスF 第21話「蒼のエーテル」
2008年08月29日 (金) | 編集 |
「さぁ、僕のターンだ」

蒼のエーテルはランカの新エンディング曲でしたとさ。「トライアングラー」→「ダイアモンド・クレバス」と続いてきて、今回の「蒼のエーテル」。で、次回が「ノーザンクロス」。曲名=話のタイトルがこのまま続く可能性が高いだろうから、ライオンはあるとして他は新曲かな?

前回あれだけ猛威を振るったヴァジュラもAパートで退治されてしまいました
(´・ω・`)
展開早っ。クランやルカが死ぬかもと思いながら見てたが、そんなことはなかった。
後半のランカには正直ついていけないなぁ。アルトの優柔不断なところに原因があるとはいえ、どうやって事態の収集を謀るのか。もうランカほっといていいんじゃない?と思わなくもない。

で、次回「ノーザンクロス」。今回1カットぐらいしか映らなかったシェリルの回か。そろそろグレイスの目的とかも明かして欲しいな。
マクロスF 第20話「ダイアモンド・クレバス」
2008年08月29日 (金) | 編集 |
ちょっと旅行に出ていたため、感想書くのやめようかと思ったけどやっぱり書いておこう。簡単にですけど。

まさかのミハエル死亡。クランの方が死亡フラグ立ててた様に見えたが、あーあ。

絶望の中歌うシェリルがかっこいい。もちろんエンディングは「ダイアモンド・クレバス」。

次回は「蒼のエーテル」。これまで英語だけなのに、日本語が含まれてますね。
読了:トリプルプレイ助悪郎
2008年08月28日 (木) | 編集 |
20080828095917
火曜には読み終わってたが、やっと感想書けた。

久々に西尾さんの推理小説を読んだ感じになるほど、本格的な推理小説。

しっかり伏線が張られ回収されていく様は「おみごと!」という他ない。

なんか何話してもネタバレになりそうで怖いので、JDCシリーズ2作について。

結構タイトルがふざけていて、薄くて、絵が好みじゃないといろいろ悪条件が重なっていたが、気軽に読んでみるといいかも。それぞれ雰囲気は違うが、おもしろかった。

次は「りすか」シリーズでも読んでみようかな。
読了:ダブルダウン勘繰郎
2008年08月21日 (木) | 編集 |
20080821105219

「ん。なんならむつみも一緒に来るか? 最高に格好いい生き様を、特等席で見せてやるぞ」

「失敗は間違いじゃない。間違いなのは、何もしないで何も語らずにいることさ」


あまり表紙のイラストには魅力を感じなかったけど、薄くて気軽に読めるかなと
思い借りて読んでみた。

初めは清涼院流水のJDCの意味がイマイチ分からなかったけど、特に問題なく
読めました。

結構意表を突かれる展開でおもしろかった。

探偵とは何か、みたいな。
FE封印ハード ブースト禁止 17章B
2008年08月18日 (月) | 編集 |
久しぶりに来てました。




出撃メンバー:ロイ、エルフィン、ボールス、ウェンディ、ギース、ウォルト、シャニー、チャド、ノア、クラリーネ、セシリア、トレック、ディーク、ルゥ(14人)




開始後すぐにウォルトのCC。また、ペガサス相手にしていたトレックもCC。




ボールスCC。ギースもCC。ラストはウェンディのCC。
【ラジオ】マクロスF○※△ 第20回
2008年08月17日 (日) | 編集 |



ネタバレ感想は以下↓
[続きを読む...]
映画:スカイ・クロラ
2008年08月15日 (金) | 編集 |
久しぶりの映画館なのでちょっと緊張して見てきました。

しょっぱなの空戦シーンに度肝を抜かれタイトルが表示されワクワク感が高まり…そっからちょっと退屈なシーンが続き、少しばかりウトウトしてしまいました。

その後の結末が少しばかり原作と変わっていましたねー。

であのラストですから、びっくり。

これはこれでいいのかなと思いつつ、素人にはお勧めできない映画だなと思ったり。いや、別に自分がプロというわけでなく、押井守さんか森博嗣さんの作品を知っている人であればいいかなと。

原作を読んでいった身なので、原作未読の人の感想も気になる。
読了:スカイ・イクリプス
2008年08月15日 (金) | 編集 |
スカイ・イクリプス

20080815143751

綺麗だ。
濁ったものはここにはない。
なにもかも、
消えてしまったから。
美しい。
空しかない。



「スカイ・クロラ」シリーズの最新作。
といっても、続き物ではなくて短編集。8編の短編が収められています。

・ジャイロスコープ
・ナイン・ライブス
・ワニング・ムーン
・スピッツ・ファイア
・ハート・ドレイン
・アース・ボーン
・ドール・グローリィ
・スカイ・アッシュ

スカイ・アッシュあたりは、時間軸的におそらく「スカイ・クロラ」の後日譚なのでしょう。

スカイ・クロラシリーズは詩的で透明(無駄なものがない)といった印象を受けるのですが、今回もそんな感じ。

ただ、スカイ・クロラシリーズ最大の謎として主観の問題が「クレイドゥ・ザ・スカイ」でありました。あの「僕」はクリタなのか、クサナギなのか、カンナミなのか。

その辺を補う情報も含まれていましたが、やっぱり確定までは行かなかった。曖昧な部分が生じてしまうけど、おそらくそれは「キルドレ」の特性を頭に入れて考えていないからかなぁと。本気で考えるならやっぱり読み直さないとダメだろうなぁ。

個人的には「ナ・バ・テア」からのクサナギと、「スカイ・クロラ」のクサナギは別なのかなと思っています。
前者はクリタ→カンナミと続き、後者は殺されてしまったと。

水曜日に借りて昨日読み終わった。自分の読書スピードを考えると驚異的な早さ。そんなとこで、やっぱり自分はスカイ・クロラシリーズが好きなんだと再確認したりして。

というわけで、スカイ・クロラシリーズ最新作「スカイ・イクリプス」の感想でした。



それはさておき、やっぱり映画のスカイ・クロラを見てこようと思います。見るかどうか迷っていましたが、見ずに後悔するよりは見て後悔しようかなと思いまして。

8月もちょうど折り返しですし、終戦記念日ですし(関係ねー)。パンフレット買うの忘れない様にしないと。

公式サイト
http://sky.crawlers.jp/index.html
マクロスF 第19話「トライアングラー」
2008年08月15日 (金) | 編集 |
「みんな、誰かを好きでいたいんだ」


改めてアルト、ランカ、シェリルの三角関係にスポットを当てた、ある意味原点回帰した回。アルト達がコンサートのスタントをしたり初めの頃をを思い起こさせる(まぁ、コンサートする人がシェリルじゃなくてランカだけど)。その回のタイトルに「トライアングラー」とは巧い。改めて問題を整理して次回からラストスパートか。

初期の頃を思い起こさせるのは何も見ている側だけでなく登場人物もいろいろ原点を見つめ直したかな。
アルトは家の問題。
ランカはアルトに対しての気持ち。
シェリルは矢三郎の言葉で歌うことに対して。

今回は矢三郎がおいしいとこ持ってった感がある。

それ以外にもクロノ…じゃなくて、杉田…でもなくて、あいつの目的が明らかにされた(本気でど忘れした)。ああ、レオン・三島だ。意外にショボ。


・カップリングいろいろ
オズマとキャシーのバカップルぶりはもう言うことがない。ミシェルとクランは初々しさを感じるな。ルカとナナセはいつまですれ違うのだろうか。ランカとブレラはやっぱ兄妹か。


アイキャッチが…。

次回「ダイアモンド・クレバス」。
この後も曲のタイトルが続くのか? あってもアイモぐらいとは思うんだけど。


↓今回のスペシャルED。見事な引きでした。
トライアングラートライアングラー
(2008/04/23)
坂本真綾

商品詳細を見る
FE封印 ブースト禁止 16章外伝
2008年08月14日 (木) | 編集 |
眠いけど、休みだしいいかなと思ってみた。



出撃メンバー:ロイ、エルフィン、セシリア、オージェ、ウォルト、サウル、スー、アレン、ノア、リリーナ(10人)

左側の部隊はよく攻撃を外す印象。




オージェのクラスチェンジ。ウォルトはクラスチェンジすると思ったけど、できず。次回に持ち越しかな。
FE封印 アーマー縛り 22章
2008年08月13日 (水) | 編集 |
ついにゼフィールとの戦い。
神将器も投入。

ファイアーエムブレム封印の剣hardアーマー縛り 封印の鎧:一覧(マイリスト)
http://www.nicovideo.jp/mylist/6981026



Dユーザーの行く末
2008年08月13日 (水) | 編集 |
スライドケータイ「SH706i」は、さまよえる“D”ユーザーを救えるか(ITmedia)
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0808/13/news025.html


自分が今使っているのはD905iのホワイトなので、人ごとではないお話。一応今の端末は2年使う予定なので、その頃にはどうなっているかは未知数。でもどうするか考えておいて損はない。

とりあえず、Dのスライドで何が便利かと言えば、コラムにもでていた「待ち受けカスタマイズ」。予定を待ち受け画面に表示でき、すぐにアクセスできるというのは便利。これは富士通でも使えるので、選択肢がないわけではない。

次点でスピードセレクターの存在。これはあると便利。NのニューロポイントやSHのタッチクルーザーはイマイチかなぁ、使ったこと無いけど。

あとは変換のATOKの存在とか、スライドそのものの形状か。

個人的にはスライドじゃなくてもいいかなぁと思ったり。現在のDを買う時もPと悩んだ。Dの不満としてマルチタスクが使いづらいというのがあるので。待ち受け画面に戻ることが出来ないので、ミュージックプレイヤーやiモードを利用していて、おサイフケータイのロックを解除したい時は全ての機能を停止して待ち受けに戻らないといけない。でも、Pもなんかおもしろいデバイスを積んでくれたらおもしろいのに。

とりあえず2年後にはスピセレを搭載した機種が出ていますように…。
FE 烈火の剣 使い捨て
2008年08月13日 (水) | 編集 |
ローソンさんの持参品シリーズが最近更新されないので、ブログを見てたら載ってたので見てみました。


ファイアーエムブレム烈火の剣 使い捨てプレイ


使い捨てというとマイナスなイメージがあっていままで見てなかったけど、意外とおもしろかった。別に殺すわけでなく、1人1回だけ出撃できる条件でクリアするというもの。

以下見所メモ。
[続きを読む...]
FE封印 ブースト禁止とアーマー縛り
2008年08月09日 (土) | 編集 |
ブースト禁止は16章「王都奪還」。ダグラスがやっかい。また、CC祭り。

アーマー縛りは21章「封印の剣」。敵が多いし強い。
[続きを読む...]
ラジオ マクロスF○※△ 第19回
2008年08月09日 (土) | 編集 |



ちょっとした解説入り。他のがアップされたら消してしまうなんてもったいない。

今回の「F」については以下↓
[続きを読む...]
FE紋章 持参品シリーズ 第1部完
2008年08月09日 (土) | 編集 |
テンポが良くて、前章のまとめもおもしろい。解説ブログと合わせて、さらにおもしろい。自分もこんな動画作ってみたい…。

前半の記事(1部 1章~9章)はこちら
紋章の謎 持参品シリーズ見始めました


そういえば、DSで「新・暗黒竜と光の剣」が出てましたね。
自分はDSをもってないのでスルーですが、なんかザガロとウルフの成長率がおもしろいことになっているらしい。また、外伝も仲間が死亡してないといけないとか。うーん、それはどうかなぁ。


ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣
(2008/08/07)
Nintendo DS

商品詳細を見る
[続きを読む...]
読了:神様のパズル
2008年08月08日 (金) | 編集 |
20080808202707
「結果だけ鵜呑みにして生きてても意味がない。何でも自分で考えないと、いつか馬鹿馬鹿しい思いをするよ」

なんかカバー絵が気になっていたし、映画かもされたらしいので読んでみた。

ジャンルとしてはSFなのかな。久しぶりにミステリー以外のジャンルを読んだ。

「宇宙の作り方」というSFの面に青春ドラマを絡めた点がおもしろい。合宿時の飲み会のやりとりや、主人公の無気力になりながらも何かしないとという感じに共感する。「就職したいわけじゃないけど、就職しないと生きていけない」というのは正にごもっとも。

ただ日記形式なのが影響してるのか、描写が淡々としているように感じた。

最後は慣れたけど、保積と穂瑞はややこしい。

・ホームズとの関係
綿貫→綿さん→ワトソン
穂瑞→ホームズ
森矢→モリアーテイ

最後にうまくまとまり過ぎな感もあるけど、普通に当たり前と思っている事柄に対して「それはなぜなの?」と思わせてくれたので読んで良かった。穂瑞もかわいかったし。
マクロスF 第18話「フォールド・フェーム」
2008年08月08日 (金) | 編集 |
ワンセグで録画していたけど、最初の10分ほどは写りが悪くてとても見れたものじゃなし。ただ、それ以降は映っていたので良かった。

オープニングが新しくなってた。ちゃんとした画像のを見るまでは感想保留。でもシェリルとランカのデュエット曲? インパクトはでトライアングラーの方が上か。

シェリルの都落ち度合いが激しすぎる。序盤の頃の輝いていたシェリルがここまでになるなんて…。

バトルシーンもあったけど、アルトいいとこ無し。シェリルも兄に早乙女家に連れて行かれるしどうなることやら。

次回は「トライアングラー」。言うまでもなく1クール目のオープニングタイトル。これは期待せざるを得ない。ただ録画がうまくいくかなー?
FE封印アーマー縛り 20章外伝
2008年08月05日 (火) | 編集 |


ダグラスとパーシバルのA支援発生。また、ダグラス強化月間。
WILLCOM 9のモック
2008年08月04日 (月) | 編集 |
近くの電気屋に置いてあったので、いじってみた。

ちょっと厚く感じた。それに両手はともかく、片手では開けづらいかな。ボタンもボディぎりぎりのところまで配置されているし。

ヒンジの部分がきれいに開くのには感動したけど、ちょっと使いづらそう。

角で痛いのはご愛敬。

カメラやガジェットなどおもしろい端末だけに残念かなー。
コードギアスR2 #17「土 の 味」
2008年08月04日 (月) | 編集 |
タイトルから予想される内容まんまでしたね。あそこまで容赦なく踏みつけてルルーシュの頭は大丈夫だったのだろうか?

せっかくルルーシュとスザクの和解が成立しそうなところにシュナイゼルの横やりが。スザクの監視は当然と言えば当然の考えかも。しかし、スザクの戸惑っている表情に気づかないルルーシュもどうかと思う。

ナイトオブワンと同格のように扱われているカグヤがかっこいい。

そういえばナイトオブワンのKMフレームの武器としてエクスカリバーも登場。威力は申し分ないが、ちょっとカッコ悪いかな。

フレイア搭載のランスロットでてたけど、アルビオン(OPの形態)では無かったようで残念。

次回は1期の最終話と似てはいるけど、ルルーシュがどこまでナナリーに振り回されずにいられるかがポイントか。
FE封印ブースト禁止 15章
2008年08月03日 (日) | 編集 |
いつのまにか来てた。



出撃メンバー:ロイ、シャニー、エルフィン、ランス、トレック、セシリア、スー、ドロシー、サウル、リリーナ、ボールス、ウェンディ(12人)

※ナイトキラーにハマーン?



スーさんのクラスチェンジ。 成長格差社会のタグが泣ける。

こう目立ったイベントとかがあるわけではないが、結構クリアまでが長かった。
紋章の謎 持参品シリーズ見始めました
2008年08月03日 (日) | 編集 |
現地調達シリーズがおもしろかったローソンさんの新シリーズ。見たい見たいと思っていても、なかなか時間がとれなかったがやっと見れた。

一応今日は9章まで。もっと見たかったけど、10章は混み合っているようで、動画が開始30秒ぐらいで止まってしまった。

明日以降のお楽しみと言うことで、今日までのところをまとめてみた。

マイリスト:http://www.nicovideo.jp/mylist/7325234
解説ブログ→http://blog.goo.ne.jp/ro-son2/



マルス「はぁ、現地調達の旅(mylist/5886238)はしんどかったなぁ」 
ドーガ「そうっすね」 
マルス「よし、もう武器の調達はやめだ。各自持ってきたアイテムで戦え」 
J=GUN「またそんな極端な…」

出撃メンバー:全員。
※シーダで敵を惹き付け、カインに経験値を集める。



マルス「僕は何度もループしてアカネイア大陸を救いまくってきたわけだが、今までどうしても解せなかったことがある。サジ、なんで同じ武器を2本も持ってきているんだ?」 
マジ「そうだ、全く意味が無い」 
オグマ「いや、この縛りに限っては有効だぞ。しかしなぜなんだサジ」 
サジ「これ?使用用と保存用なんだ」 
マルス「それなら布教用とかも用意してこいや」

出撃メンバー:全員
※動画の最初に前章の復習あり。オグマの成長がまずい。



レナ「私はシスターレナ、 戦いは出来ませんし治療の杖も使えません」 
カイン「回復無いのか…これは駄目だな」 
ジュリアン「んなことないっすよ、ワープの杖でばひゅーん一気に制圧!とか出来て大活躍ですって」
アベル「レナ厨擁護必死すぎww」 
ゴードン「こうなると元ネタのリフさんがいないのは地味に痛いですね」 
マルス「リフがこんなに恋しくなったのは始めてだぜ」

出撃メンバー:全員
※バーツの神成長。



ハーディン「なんだこの制限は。所期アイテムのみだと」 
ザガロ「これなら武器没収されなくてすみますね。剥ぎ取られて2軍放置脱出だー」 
ロシェ「え?僕普段から有望株としてそこそこ使われますよ」 
ハーディン「私は即戦力としてたびたび参戦するぞ」 
ビラク「俺一部の人に大人気だしw」 
ウルフ「最初から追撃できて便利だって言われる」 
ザガロ「出番少ないの俺だけかorz」

出撃メンバー:マルス、ジェイガン、ゴードン、カイン、アベル、シーダ、カシム、バーツ、サジ、レナ(10人)
※マチスvsビラク夢の対決



ジュリアン「マルス様、宝回収しなくていいんすか?盗賊が持ち出して逃げてますよ」 
マルス「かまわん、我が軍は略奪はしない」 
J-GUN「素晴らしい心がけですぞ、マルス様も大人になられましたなぁ」 
○す「まぁね。(走り回ると迷子になりそうだからとは言えんな)」

出撃メンバー:マルス、ジェイガン、ゴードン、カイン、アベル、シーダ、カシム、バーツ、サジ、ジュリアン、マリク、ハーディン(12人)
※入り口の所で待ち戦法。



バヌトゥ「わしゃまた屋根の上で放置かいな…」

出撃メンバー:マルス、ジェイガン、ゴードン、カイン、アベル、シーダ、カシム、バーツ、ジュリアン、マリク、ハーディン、ビラク、ウルフ、ザガロ、ウェンデル(15人)
※チキ引換券ゲット。アベルの必殺祭り。



マルス「この街は初めてだなぁ、おいそこのガイド説明しろ」 
シーザ「ワーレンは港町です、そのため物と人がたくさん集まっています。武器道具も充実していますし闘技場まであります。」 
○す「んなもんはいらん。シスターか魔道士はいないのか?」 
ラディ「いいえ、俺達傭兵だけです」 
○巣「全軍に次ぐ、この街に守る価値はない。さっさと次行くぞ」 
シーザ「ちょw発射台ですっ飛んでったw」 
ラディ「ワーレンオワタ」

出撃メンバー:マルス、ジェイガン、ゴードン、カイン、アベル、シーダ、カシム、バーツ、ジュリアン、マリク、レナ(11人 3人分枠あまり)
※ワープ戦法。マリクのエクスカリバーで一撃…。動画時間2分半だが、復習と敵ターンが半分以上の時間締めてない?



ジュリアン「よし開錠成功、扉開けます。ってなんだこれは、眩しい」 
マルス「どうしたジュリアン! こ…これはなんとも美しい」 
マリア「美しいだなんて…そんなことありますけどストレートすぎて困っちゃいます」 
○ス「なんと美しい杖だ、これが治療の杖か。これがあれば…うおぉぉやる気出てきたー!」 
マリア「そ、そっちなの…」

出撃メンバー:マルス、ジェイガン、カイン、アベル、シーダ、カシム、バーツ、ジュリアン、マリク、ハーディン、ウルフ、ザガロ、ウェンデル(13人)
※砦の南口はスルーし北口から侵入(メンバーの大部分はスタート北地点の増援封じ)。マリア無視?とも思ったが、ハーディンで釣る。釣りだけだったのに、必殺勝ち。逆に殺られていた可能性(7%の必殺率)もあるだけに嬉しいところ。



ゴードン「あなたが大陸一の弓使いといわれるジョルジュさんですか?」 
ジョルジュ「そう呼ばれることもあるな」 
ザガロ「うおぉすげぇ本物だ、ちょっとこの弓見せて頂いていいっすか?」 
ジョル「かまわんよ」 
ウルフ「これは凄い、この銀の弓が大陸一の弓なのか」 
ジョル「大陸一の弓とはどういうことだ?」 
カシム「ジョルジュさんって[大陸一の弓]使いなんでしょ?」 
ジョル「切ることろは違うっての」 
マルス「パルティア涙目なこの縛りでは銀の弓で本当に大陸一だけどな」

出撃メンバー:マルス、ジェイガン、カイン、アベル、シーダ、カシム、バーツ、マリク、ハーディン、ウルフ、ザガロ、ゴードン、サジ、ミネルバ、マリア(15人)
※必殺率2%の悲劇。初の戦死者はジェイガン。そういえば、結局銀の槍は温存したまま、一回も使われることなく失われてしまった。その代わりというわけではないが、女留嬬とリンダが加入。それぞれ強力な武器あり。
マクロスネトラジ
2008年08月03日 (日) | 編集 |


マクロス ふんどし祭り
SMSファンクラブに遂にというかやっとというか、杉田さん宛のお便りが! ゲストでやってくる日はいつになることやら。
読了:地球儀のスライス
2008年08月03日 (日) | 編集 |
地球儀のスライス (講談社ノベルス)

20080803160313
「何でもそうですが、正解とは、真実とは、本人が最も納得できる仮説に他ならないのです。」


森博嗣さんの短編集第2弾。

短編10作の内、「石塔の屋根飾り」と「マン島の蒸気鉄道」はS&Mシリーズ、「気さくなお人形、19歳」はVシリーズのお話。特に「気さくなお人形、19歳」は本編とも深く関わっている(超音波研究所?の話)。

図書館の返却期限を延長してなお読み終わらなかったので、返却期限が過ぎてしまった。早く返しに行かないと…。途中で「ジェネラル・ルージュの凱旋」を読んだためとはいえ、やっちゃったなぁ。

森さんの作品だからと読んでいるところがあるので、つまらないというか訳の分からない話はきつい。「僕に似た人」と「有限要素魔術」は意味不明。「マン島の蒸気鉄道」もトリックのようなものはすぐに予想はついたので、イマイチ楽しめず。この中では「小鳥の恩返し」が一番楽しめたかな。
読了:ジェネラル・ルージュの凱旋
2008年08月03日 (日) | 編集 |
ジェネラル・ルージュの凱旋

20080803153859
「将軍のお供はハヤブサにしか務まらない、だろ? 俺は北へ行くからな」


金曜日には読み終わっていたが、記事のアップに時間が掛かってしまった。一文を抜き出そうとしたけど、一文では難しい。ジェネラル・ルージュの伝説や最後のエピローグあたりでの速水、佐藤のやりとりが好きだったんですけどね。

「チーム・バチスタの栄光」の白鳥&田口シリーズ第3弾。

構成がおもしろく、第2弾の「ナイチンゲールの沈黙」と同時並行で起こった事件を描いている。

ミステリー要素はほとんどないものの、どんでん返しは用意されていた。

探偵役にして主人公格の白鳥の活躍がほとんどなかったが、今回の主役ジェネラル・ルージュこと速水晃一部長のキャラが濃くてぜんぜん気にならなかった。

あと念願の姫宮が登場していたが、いろいろとクセが強そう。

それに今回も死体に対するCT、オートプシー・イメージングが登場。作者が医師なだけあって、主張が盛り込まれていたかな。今回唯一といっていいほどの白鳥の活躍の場面だったし。

次回作への伏線が張られていることですし、次回が楽しみ。
リンク集に追加
2008年08月03日 (日) | 編集 |
のほほんダイアリー」と「Pastel Gamers Blog」の2件を追加。

どちらも更新頻度が高く、記事もおもしろく、更新が楽しみ。
まとめ見
2008年08月02日 (土) | 編集 |
とりあえず見るだけで精一杯…。














出撃メンバー:ロイ、シャニー、エルフィン、ランス、クラリーネ、アレン、トレック、セシリア、ディーク、ウォルト