献血、ケータイ、アニメ、その他雑感。
とある魔術の禁書目録Ⅱ 第7話「座標移動(ムーブポイント)」
2010年11月29日 (月) | 編集 |
ニコニコ動画


『座標移動(ムーブポイント)』の能力を持つ少女・結標と対峙する美琴の姿を見、その言葉を聞いてしまった黒子。
美琴の世界を守るべく、逃亡する結漂を追いつめ、戦うことを決意する。
一瞬の攻防が勝敗を決する『空間移動(テレポート)』能力者同士の戦い。
一手先を取られ、身動きの取れない黒子に、結標は自分たちの計画を語り始める。
外部組織『科学結社』と結託し、『樹形図の設計者(ツリーダイアグラム)』を復元を目論んでいるというその計画に、同じ高レベル能力者として黒子を誘う結標。
しかし、敬愛する美琴の心を踏みにじったとある計画の再来、それだけは絶対に容認できない黒子は、誘いを拒否し、最後の抵抗を試みる。
一方、結標たちの動きをつかんだ『妹達(シスターズ)』もまた、計画阻止のために動き出す。
とある二人の少年は、その求めに応じて立ち上がり……。


すばらしい黒子回でした。

「ばかばかしい。能力なんてどこまで行ってもただの能力。力をどう使うのかは自分次第。そんな当たり前のことにも気づかないなんてバカですのあなたは。(以下略)」


しかし、描写がえぐいなぁ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック