献血、ケータイ、アニメ、その他雑感。
とある魔術の禁書目録Ⅱ 第13話「使徒十字(クローチェディピエトロ)」
2011年01月14日 (金) | 編集 |
イギリス清教からもたらされた追加報告によって、『使徒十字』の使用条件を知った上条たち。
オリアナの目的地『天文台』をどうにか特定した彼らは、土御門の「裏技」を使って、
その目的地――第二三学区の飛行場へと急行する。
彼らの前に立ちはだかるオリアナ。
彼女の罠の前に土御門が倒れ、『速記原典』を駆使した変幻自在の攻撃に上条とステイルも苦戦を強いられる。
刻一刻と暗くなっていく空。
夜になって星座が見えると、『使徒十字』が発動してしまう。
連携を無視した攻撃で、かろうじてオリアナの隙を突くことに成功する上条とステイル。
何とか形勢逆転まで持ち込もうとするも、満身創痍のオリアナは、自らの戦う理由と求める答え、そして魔法名を口にする。
双方ともに全身全霊をかけた、最後の一撃が放たれる。



ニコニコチャンネルでね!

「絶対にだ!」

オリアナとの決着はちょっと不満の残る戦いだったかな。クロスカウンター一発で終了ってどうよ。

花火で星の光がうまく集まりませんって言うのもなんだかなーっていう感じだし。

その後の飛行機でのやりとりがおもしろかったのでよかったが。


次回からはイタリア編ですよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック