献血、ケータイ、アニメ、その他雑感。
とある魔術の禁書目録Ⅱ 第23話「開戦前(かいせんまえ)」
2011年03月31日 (木) | 編集 |
ヴェントの襲撃に伴う騒動が解決した学園都市。
上条にもこれまで通りの日常が戻ってくる。
ご飯の支度に忙しかったり慎ましやかにお弁当の交換を楽しんだり、小萌先生の家に結標が転がり込んだり、インデックスを交えてクラス全員参加のすき焼きパーティが開催されたりと、みなが平和を謳歌しているかに見えた。
しかし世界中で学園都市に対するデモや抗議活動が活発化。
その動きに呼応して、諸勢力との戦争の危険性を感じた保護者たちは、学園都市から子どもたちを回収しようとする運動を始めていた。
上条は、自分がその中心にいる事に思い悩んでいた……。
一方、学園都市の暗部と取引をし、「闇」に己を売った一方通行(アクセラレータ)に、ひとつの命令が下される――。



いつものニコニコチャンネルで!

2話連続!

「お前はみんなを守っただろ。みんなを守るために努力したんだろ。それはお前の思い描いている人間とは違うのか」


バックに流れていた曲も良かった…。


「土御門。俺は決めた!
 そう俺は…、俺はこれから英語を勉強する!」


さすがカミヤン。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック