献血、ケータイ、アニメ、その他雑感。
読了:ソロモンの偽証 第3部-法廷-
2014年10月12日 (日) | 編集 |
BzuRGy0CIAAdLqh.jpg

ソロモンの偽証 第III部 法廷

もう、夏も終わる。


全3巻読破。一応先週の月曜日には終わってたけど、なかなか感想を書く気力がなかった。

1、2巻とは違い、法廷(学校の体育館内)で話が進むので、なんとなく物足りなさを感じてしまった部分は大きい。

それでも、神原が大出を証人として問い詰めるところや、藤野が神原を尋問するところは緊迫感があった。また、評決が出る前の野田と神原のやりとりがほほえましい。

キーワードは「未必の故意」。

久しぶりに熱中して本を読むことができた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック