献血、ケータイ、アニメ、その他雑感。
映画「聖の青春」公開記念 羽生王座が語る棋士の境地【ニコ生】
2016年10月19日 (水) | 編集 |
ドワンゴ主催でなく、日経新聞主催で王座戦の穴埋めのイベント。タイムシフトで映画公開2日前の11月17日(木)の振休日に視聴。



20161019_01.jpg
第一部の映画に関する対談。

進行役の人はいたが、主に羽生王座が聞き手してて面白い。
・村山さんが羽生さんと同じ空気を吸いたいから東京へ行ったというのは、泣ける。
・将棋の控室にお菓子を持ってくるのは村山さんが始めた村山新手らしいw。

羽生王座と大崎さんの話がとてもおもしろく、30分と時間が短かったのが残念。映画公開日のニコ生で放送される打ち上げ放送が楽しみ。


第二部は王座戦の解説。第1局の解説。初心者向けでとても分かりやすく解説してくれた。羽生王座の丁寧な解説が聞ける機会なんてなかなかないので、とてもありがたい。

第2局、羽生王座が後手番で藤井システム採用した件について軽く質問。藤井システムはいつか指してみたいと思っていて、タイミング見計らっていたらしい。そうしたら、銀河戦で藤井九段が指した棋譜を見て、まだまだ藤井システムには可能性があると思って指してみた。でも、本家とは程遠いひどい状況だった。ただ、駒が紛れて難しくなってきたので勝てた。つまり、藤井システムで勝てた感じでなかった。

20161019_02.jpg

映画が楽しみ。公開日に見れるようチケット予約した。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック