献血、ケータイ、アニメ、その他雑感。
映画:劇場版 黒子のバスケ LAST GAME
2017年03月21日 (火) | 編集 |
土曜日早売り(月曜祝日の為)のジャンプに、黒子映画本日公開の広告を見て気になっていた。

金沢では金沢フォーラスでしかやっていないので、ドコモのチューズデー割を利用して見に行く。入場者特典はもらえず。人の入りはだいぶ空席あった。予告で実写ジョジョに、実写のリライフでずっこける。何でもかんでも漫画の実写化すればよいというものでは・・・。

雑誌で読んでいたので、原作ストーリーは把握済み。映画の感想を事前に検索して回った為、キセキの世代vsせいりんの試合があることも知っていた。

やはりバスケは動画映えする。展開としては「はじめの一歩」のタカムラvsブライアン・ホークを思い出す。ジャバウォックが思いっきり外道として描かれ、それに対するキセキの世代。

ほぼ全員にスポットは当たっていたが、黄瀬のがんばり(ゾーン+パーフェクトコピー)が流れを変えたので一番印象深いかな。逆に火神はストーリーの軸にはなっていた(最初に中学時代の回想あり、最後アメリカ行く)が、試合での活躍は青峰とかぶる場面が多く(ダブルゾーンや最後のダンク)、ちょっと割を食った印象。緑真は強烈にスポットが当たることはなかったが、要所でスリーポイントや、赤司との連携スリー、何より収集されたときのやかんを持った姿がインパクト強すぎる。

とはいえ、やっぱり改めてみると青峰がかっこいい。最初から最後まで試合に出てからのゾーンはしびれた。今週からの新連載ロボ・レーザービームのライバルも青峰似だった。

爆発的なおもしろさは無かったが、TVアニメの延長線上として楽しめた。スラムダンクと比べ、つっこみどころも多かったが、原作がちゃんと全部アニメ化され、さらに映画化までされるのはとてもきれいな終わり方だった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック